スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第37話「世界を革命する者」 解説
- 2013/08/03(Sat) -
第37話「世界を革命する者」 解説
放送年月日 1997年12月10日放映

スタッフ
脚本:榎戸洋司   絵コンテ:風山十五
演出:桜美かつし  作画監督:たけうちのぶゆき
クライマックス直前。
ウテナ、樹璃、幹のバドミントン、冬芽と西園寺の自転車二人乗りと、それぞれのキャラクターの見せ場が用意されたオイシイ話である。

暁生とアンシーの間で、そして、「女の子」と「王子様」の間で揺れるウテナの心、彼女は、薔薇の刻印の指輪を外してしまう。それは、気高さを失ってしまったためなのか、それとも、自分にとっての大切なものを確認するためなのか。それをした結果、彼女は気負いなく「自分の生き方は王子様ごっこだ」と言えるようになったのかもしれない。
ウテナに対して気軽に「あなたが気になる」と言うことができるようになった幹。
「自分の気持ちは、どうして自由にならないのかな」と、冷静に自分を見ることができるようになった樹璃。
それぞれが少しだけ成長したということか。
ウテナとアンシーの濃密なドラマも、見所。互いに相手が口にするものに毒を入れたと言うシーンは圧巻。


(LD「少女革命ウテナ L'Apocalypse 10」封入特典・解説書より)
スポンサーサイト
この記事のURL | リマスター情報 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/115-d004cbf5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。