スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第8話「カレーなるハイトリップ」 解説
- 2007/03/30(Fri) -
第8話「カレーなるハイトリップ」
放送年月日 1997年5月21日放映

スタッフ
脚本:比賀昇  絵コンテ:西村聡
作画監督:竹内昭  演出:西山明樹彦

またまた、比賀昇脚本によるギャグ編である。
シリーズ構成の榎戸洋司が「キャラが人格転移する話を」と、比賀昇に脚本を発注したところ、彼は「やはり、『ウテナ』なら、人格転移する話にしても、華麗な話にした方がいいですよね」と答えたという。そして、榎戸洋司が「ええ、華麗にできるなら、華麗な話にしてください」と言い、比賀昇は「まかせてください」と自信たっぷりに胸を叩いたのだそうだ。その結果として書かれたのが、この第8話なのだ。
「どうです、カレーでしょ」と得意そうに言う比賀昇に対して、「ううむ、確かに…」とビーパパスの面々も納得せざるを得なかった(実話)。
さいとうちほの漫画版『少女革命ウテナ』で、この第8話に相当するのが、番外編として描かれた「カレーなる変身」である。
漫画の方が先に発表されたが、このエピソードに関してはアニメの脚本が先に書かれ、それをアレンジするかたちで漫画が描かれている。
漫画「カレーなる変身」は、チュチュと西園寺が中心となる内容で、アニメ版ともひと味違った、大変に愉快な作品に仕上がっている。
さて、この話で気になるのが、最後に登場してカレー粉を吹き飛ばしてしまう象の存在である。あの象は、いったい何なのだろうか?インドにいた象が鳳学園まで七実を追ってきたのだろうか。
実は、その謎が解かれるのは、ずっと後のエピソードなのである。
第7話の最後についている、このエピソードの予告は、なかなかの傑作。

(LD「少女革命ウテナ L'Apocalypse 3」封入特典・解説書より)
スポンサーサイト
この記事のURL | 各話解説 (第1部:生徒会編 ) | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/15-1d3f88e6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。