スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「仕掛けられたミスマッチ」 小黒祐一郎
- 2007/03/22(Thu) -
LD「少女革命ウテナ L'Apocalypse 1」封入特典・解説書より


ビーパパスは幾原邦彦が、『少女革命ウテナ』のために結成した企画・原作集団である。幾原邦彦をリーダーに、さいとうちほ、榎戸洋司、長谷川眞也、そして、私、小黒祐一郎の5人で構成されている。

今回は、この作品の企画と、テイストについての話をしよう。

『少女革命ウテナ』の基本コンセプトは「男装の美少女を主人公にした、ロマンチックなアクションもの」である。「宝塚風」という要素もある。

幾原監督が、本屋で見かけた、さいとう先生が描いたイラストに一目惚れしたのが『少女革命ウテナ』の企画の始まりだった。さいとう先生のロマンチックな作家性を活かした、美少女アクションものは面白いのではないか。早速、幾原監督と私は、さいとう先生に企画への協力を依頼した。

さいとう先生の華麗なムードを生かすため、主人公は「男装の美少女」となった。「学園もの」にする事も、早い時期から決まっていた。「薔薇の花嫁」や「決闘」のアイデアが出たのは、かなり、後になってからだ。

さいとう先生が参加してから、二転三転、いや五転六転してから、概ねの物語や設定が決まった。つまり、企画が出来上がったのだ。
さいとう先生の手による漫画の連載がスタートし、TV放映される事が決まり、いよいよ本格的に制作が始まる。

企画時には、さいとうちほの作品世界を、いかにアニメに活かすかという事に情熱を傾けていた幾原監督が、今度は、自分のテイストを本格的に作品に投入し始める。舞台的な画面作り、影絵少女、J.A.シーザーの合唱曲等々。幾原テイストが注入され、作品はさらに飛躍していく。

漫画とアニメが始まってからの『少女革命ウテナ』は、さいとう先生は、よりロマンチックな方向性へ引っ張り、幾原監督は自分のテイストの方向へ引っ張るというかたちで進んでいる。榎戸洋司は、両者の綱引きにそれぞれ力を貸しつつ、やはり、自分のテイストを盛り込んでいく。『少女革命ウテナ』の基本テイストは、幾原、さいとう、榎戸、の三人の個性で形作られていると言っていい。

面白いのは、幾原邦彦が「原作者」であり、「演出家」であるという事だ。

つまり、自分で「宝塚風のロマンチックな物語」としての『少女革命ウテナ』を企画し、いざ、制作が始まってからはその「宝塚風のロマンチックな物語」を原作とし、それを演出し、作品を膨らませていく。

『少女革命ウテナ』の企画を始めた頃に、面白い作品には「良い意味でのミスマッチ」があるのではないかという話を彼とした事がある。さいとう先生が、奇抜なコスチュームの美少女アクションものを描くのもミスマッチなら、幾原監督が「さいとうちほのロマンチック・アクション」を演出するのもミスマッチなのだ。

わざわざ、そうしているのだ。

幾原監督は『少女革命ウテナ』で、わざわざ、二重のミスマッチを仕掛け、それを成功させたというわけだ。まるで、本格推理小説に登場する犯人のような、手の込んだ作戦である。

その二重のミスマッチが、アニメ『少女革命ウテナ』の不思議なテイストを作り上げている。
スポンサーサイト
この記事のURL | テキスト | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/3-457b3e92
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。