スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第16話「幸せのカウベル」 解説
- 2007/05/19(Sat) -
第16話「幸せのカウベル」
放送年月日 1997年7月16日放映

スタッフ
脚本:比賀昇  絵コンテ:錦織博
作画監督:津幡佳明  演出:腰繁男

『少女革命ウテナ』におけるシュール&ギャグの専門家、比賀昇と錦織博が始めてコンビを組んだエピソード。七実が牛になっていくというシュールなアイデアと奇抜な映像、また、挿入歌として使われた「ドナドナ」のインパクトも素晴らしく、『ウテナ』ギャグ編の最高傑作といってよい仕上がりである。
「ドナドナ」は2種類のバージョンが使用されている。Bパート頭に使われた男性コーラスは、ロイヤルナイツ、ラストで使われた女声コーラスは、NHK東京放送児童合唱団によるもの。いずれも既成の音源からの流用である。
学生食堂の列に並んでいる時に七実が読んでいる本は「反芻健康法」。牛化が進んでしまったため、そんな本が読みたくなったのだろう。

(DVD「少女革命ウテナ L'Apocalypse 4」ライナーノーツより)


解説補足

餅つき
なぜか七実が画面の端の方で、餅つきをしている。いったい、なぜ、いきなり餅を?
実は、あれは餅つきではなく、樹璃が豪華なネックレスを持ってきたので、自分のペンダントを見られないようにキネでついて壊している、のかもしれない。

公園
七実が深夜、草を食べていた公園は、第7話「見果てぬ樹璃」で、ウテナが樹璃と出会い、樹璃が決闘を申し込んだのと同じ公園。場所は、鳳学園からは、かなり離れているようだ。同じ場所でも、話が違うとかなりムードが違う。

牧場画像
七実が牛になってしまった場所。遠くに見える校舎と決闘の森の位置関係から察するに、どうやら、鳳学園の南側に位置するらしい。鳳学園の反対側には、アルプスを思わせる山々が連なっている。

(LD「少女革命ウテナ L'Apocalypse 5」封入特典・解説書より)
スポンサーサイト
この記事のURL | 各話解説 (第2部:黒薔薇編 ) | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/42-405b667d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。