スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第28話「闇に囁く」 解説
- 2007/08/17(Fri) -
第28話「闇に囁く」
放送年月日 1997年10月8日放映

スタッフ
脚本:月村了衛  絵コンテ・演出:高橋亨
作画監督:阿部邦博

ゲストキャラのデュエリスト土谷瑠果と樹璃、枝織のドラマを描く前後編。瑠果は、冬芽や西園寺より一歳年上だが、病気のために休学し、現在は冬芽達と同じ2年という設定。入院中に薔薇の刻印を「世界の果て」より送られて、デュエリストになったものと思われる。
謎めいた瑠果のキャラクターもさることながら、この話では、枝織の描写が出色の出来。いかにも「女」という感じの、身勝手さ、生々しさが印象的。ああいった女性が幾原監督は大好きなのだそうだ。
決闘の決着がついた時に、頭で車のフロントガラスを突き破っているのに笑っているあたりが、実にグーである。

(LD「少女革命ウテナ L'Apocalypse 8」封入特典・解説書より)
スポンサーサイト
この記事のURL | 各話解説 (第3部:鳳暁生編 ) | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/69-1d7d3a63
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。