スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
映画化決定記念 ビーパパス座談会
- 2007/11/15(Thu) -
『少女革命ウテナ』映画化決定記念による座談会
ビーパパスの面々、映画の抱負を語る

徳間書店「アニメージュ」 98年03月号より
――幾原監督。ウテナが映画になるって話を聞いたんですが、ホントですか。

幾原:そういう噂があるみたいですね。

榎戸:一応、企画進行中です。

長谷川:実は、今まで黙っていたんですが、僕はテレビ版の放映終了後から、休む間もなく、映画版のデザインをはじめています。

幾原:ええ、そうなの?

さいとう:実は、私も着々とイメージイラストを進行させていました。

幾原:知らなかった。監督のオレの知らない間に着々と映画版は進行していたのか(笑)。

――この次のページに載っている、さいとうさんが描いた映画版のイメージイラストですね。( 画像

さいとう:ウテナが、脱いだ後に新しいコスチュームになるといいなと思いながら描いたんですけど。

長谷川:脱いだ後、ですか?

さいとう:ウテナが古い衣装を脱ぎ捨ててですね、新しいウテナになるといいなと思うんですけど。

榎戸:(イラストを見ながら)う~む、映画『ウテナ』が子供にも観られるアニメだといいなあ。

一同:(笑)。

長谷川:映画版も、子供が見られる内容じゃないとマズイんですかね。

――子供が見られないような映画になるかもしれないんですか。

幾原:長谷川は、本気でそんな事を考えているの?

長谷川:だって、劇場版をやるっていう事は、テレビで不可能だった事をやるって事じゃないんですか。

榎戸:でも、『ウテナ』に関しては、テレビでも、やりたくてできない事は無かったんじゃないの。

長谷川:かなり自由にやらせてもらいましたけれど、まだ、やり足りない事はありますよ。

さいとう:まだまだ、たぎっているんですね。

幾原:(悩んで)う~~ん。やっぱり、子供でも観られるものにしないとマズイんじゃないか。

一同:(笑)。

長谷川:そうですか。

――さしあたって、映画化するのは決定なんですね。

幾原:まあね。マジメな話をしちゃうと、キングの大月(俊倫)さんからは、準備を進めろと言われてるんだ。具体的なことはまだ、決まっていない。

さいとう:内容について全然考えていないわけじゃないんでしょ。

幾原:テレビシリーズのストレートな続編というのはちょっと難しいんじゃないかな。

さいとう:そうなの? 私のところに、ファンの人から「最終回でウテナは死んじゃったんですか?」っていう質問が何通もきているんだけど。そういう質問に答えてあげるつもりは、全然ないのね(笑)。

幾原:そういう疑問に答えてもいいんだけど。オレ自身は、あんまり、そういう事に興味ないから(笑)。

一同:(笑)

榎戸:サービス精神に欠ける発言だなあ(笑)。

幾原:作品を作ったオレがどうこう言うよりも、観た人が……。

さいとう:観た人が自由に解釈して構わない。

幾原:そういう事です。

長谷川:という事は、テレビと映画版は切り離して考えた方がいいんですか?

幾原:内容はともかく、テイストとしては、テレビの『ウテナ』以上に、『ウテナ』らしさを極めたものにするべきかなとは、思っているけど。

さいとう:テレビ版以上に『ウテナ』らしい?

長谷川:なるほど。

榎戸:『ウテナ』らしさの定義が、とりあえずの課題だな。

幾原:それを映画館で、子供にも見てもらえるようなものにしなくては。

長谷川:それは大丈夫ですよ。観せなければいいんです。アブないところを見せなければいいんです。

さいとう:見せないって?

長谷川:例えば、ハダカは一切見せないんだけど、見終わった後に登場人物全員がハダカであったかのような印象が残るっていうのが、僕の理想なんですけど。

幾原:それはいいね。それは確かにいい。

さいとう:マジなの?

長谷川:テレビシリーズでも、脱いじゃってるシーンて実はほとんどないんですよ。

榎戸:脱いでるようなムードはあるんだけど、ハダカ自体は見せてないっていうシーンが多かったよね(笑)。

長谷川:究極は、キャラクターが服を着て立っているというだけで、観ている人にハダカを感じさせたいんですが。

さいとう:具体的にはどういう事? ポーズとかで色気を表現するという事?

長谷川:そうです。クラシックバレエなんかも、テクニックを究極まで突き詰めるとそういう事になるんじゃないですか。ポーズや仕草で、何かを表現したり……。

さいとう:なるほど。

――というわけで、皆さん、映画への意欲満々なんですね。

長谷川:やる気満々です。

榎戸:ふふふふ。

さいとう:がんばります。

幾原:まあね、大丈夫でしょう……たぶん(ちょっと気弱)。

榎戸:まあ、監督がこれだけ自信たっぷりなら、大丈夫でしょう(笑)。

幾原:いや、弱気なんだってば。

一同:(笑)。

さいとう:映画も、また、エロスを追及する作品になるんですか?

榎戸:「また」っていうのは何なんですか(笑)。

――テレビの『ウテナ』は、エロスを追及した作品だったんですか。

幾原:ビジュアル的には、ベースにそういうところがあっただろうね。別にワイセツな事をやっているって意味じゃなくてね。それはたぶん、映画でも同じでしょう。

榎戸:そうそう、エッチではなくセクシュアリティです。同じか(笑)。

――放送開始前は「ロマンの作品」だって言ってたのに、どこでエロスの作品になってしまったんですか。

さいとう:そうだよね。私は「ロマンに満ちた作品をやりたい」って言われて、参加したのに……。

榎戸:いや、基本的にさいとう先生の本質に僕たちが近づいただけだと思う。むしろ、さいとうさんのテイストが出て、そういう作品になっていったんじゃないのかな。

さいとう:ええ、そうなの。私のせいなの?

一同:(笑)。

――それでは、以下の頁では2人ずつの対談というかたちで、映画の抱負を語ってもらいましょう。


映画化決定記念 幾原邦彦×長谷川眞也 対談
映画化決定記念 榎戸洋司×さいとうちほ 対談
スポンサーサイト
この記事のURL | 対談 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/74-b7982c12
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。