スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
映画化決定記念 幾原邦彦×長谷川眞也 対談
- 2007/11/15(Thu) -
幾原邦彦(監督) VS 長谷川眞也(キャラクターデザイン)
『少女革命ウテナ』映画化決定記念による対談
ビーパパスの面々、映画の抱負を語る

徳間書店「アニメージュ」 98年03月号より
――では、幾原 vs 長谷川対談をはじめましょう。さいとうさんに続いて、長谷川さんにも映画版『ウテナ』のイメージイラストを描いてもらいました。どうですか、監督、このイラストは。( 画像

幾原:う~~む、こんなものになってしまうとは(苦笑)。

長谷川:マズかったですか。

長谷川:いやあ、いいと思うよ。

――幾原監督から見ると、今までの『ウテナ』での長谷川さんの仕事はどうでした。

幾原:面白かったんじゃないかな。インスパイアされる事もあったしね。

長谷川:あ、そうですか。

幾原:特に最近のLDのジャケットや雑誌の描き下ろしは、面白いなあと思う。長谷川は、こういう風に見てるんだなあって。独特の解釈が感じられるというか、セクシュアリティを感じるというか。

長谷川:絵の主題が何なのかとか、セクシュアリティに関する事とか、そういう事に関して自分なりの解釈が最近になってやっと見えてきました。『ウテナ』をはじめた頃は、この作品に関するアプローチの仕方に迷いがあって。

幾原:迷いって、どんな。

長谷川:主に「色気」の問題ですね。最初は、少女漫画だから、禁欲的に描かなくちゃいけないんじゃないかと思って、抑えて描いていたところがあったんです。
でも、さいとうさんの絵を研究しながら描いてるうちに、少女漫画でもすごい色気が出せるってことがわかって、描き進むうちに、自分の中で「色気に対する感覚」と「少女漫画の感覚」が一致しましたね。それが『ウテナ』での、一番の収穫でした。これで、男の子向けの色気のパターンと、少女漫画における女の子向けの色気パターンの2つを会得できたので、無敵かなと思っているんですけど(笑)。

一同:(笑)。

――『ウテナ』で3年間一緒に仕事をしたわけですが、長谷川さんから見て、幾原さんの仕事はどうでした?

長谷川:うーん。

――あれ、キケンな事を聞いちゃったかな。

長谷川:何ていうのかな。ある意味ドライな感じですね。ひとつの事にとらわれないというか、違ったところを見ているというか。僕なんかは絵描きだから、絵を描く行為そのものにこだわって、クオリティのみを意識したりするんですけど、幾原さんはそうじゃないんですよね。そういう仕事への取り組み方もあるんだなっていうのが、勉強になりました。

――違ったところを見てる、ですか?

長谷川:うーん、何でしょうね。大人の仕事をしてるって事かなあ。

――だそうですけど、監督、どうですか?

幾原:そうかなあ(笑)。正直な話をすると、オレは長谷川の仕事ぶりっていうのは、よくわからない。距離が近すぎるからね。だから、長谷川も監督としてのオレの仕事ぶりっていうのはわかんないんじゃないかな。

長谷川:うーん、どうですかね。

幾原:一緒に仕事をしすぎちゃって、境界線がわかんないよ。オレが演出なのか絵描きなのか、長谷川が演出なのか絵描きなのか。オレも、普通だったら絶対に絵描きに言わないような失礼な事を長谷川に言うし、長谷川の方も絶対に監督に言わないような豪快な事をオレに言うし……。

長谷川:そんな事を言いましたっけ(笑)。

一同:(笑)。

長谷川:確かに、監督として幾原さんについては、よく分からないかもしれないですね。

幾原:オレも長谷川が絵描きだからといって、絵の事を任せっきりにはしないし、長谷川も、内容の事を全部任せはしない。

――お互いに相手に依存しきらない関係というのが良かったんですかね。

幾原:でも、それは、単に互いを信用していなかったって事かもしれない(笑)。

長谷川:でもそのおかげで、ある意味、適度な緊張感が……。

一同:(笑)。

長谷川:僕は、幾原さんに到らぬ所を指摘してもらって、すごくありがたいなって思っています。

――その微妙な距離感が、二人のチームワークの秘密なんですね。映画についての抱負も聞かせてください。

幾原:どんなドラマになるかはわからないけど、表現については思っている事があるんだ。モラルとファッショに挑んでみたいと思っている。

――ファッショ、ですか。

幾原:さっきも言ったように、長谷川の絵にインスパイアされることがあって。レーザーディスクのジャケットで、枝織と香苗と梢の3人の絵とか( 画像 )、石蕗を挟んで茎子と若葉が一緒にいる絵とか( 画像 )、ファッショ的なものを感じるね。そこで、ファッショ的なものがかもし出すセクシュアリティというのを……。

――ファシズムのファッショですか。

幾原:そうだね。それは、『ウテナ』の当初の狙いだった事でもあるんだよね。学生服で統一したり、男装していたり、それを徹底してやれなかったような気がする。途中からそれ以外の要素が強くなりすぎたから。
映画ではmそういうファッショ的セクシュアリティを、モラルとぶつけたいなと。何となく、漠然と思っている。

長谷川:この場合のファッショっていうのは、押さえつけられた感じとかそういう意味ですか。

幾原:ファッショの抑圧があって、そこからさらにセクシュアリティに羽ばたいていくというか。

長谷川:ん~~む、やっぱり、アブナイものになりそうですね。

幾原:レーザーディスクのイラストの石蕗や七実の目を見ていて「分かった!」という気がした。耳元で、あなたの行くべき道は用意してありますと囁かれたような気が(笑)。

――最近の長谷川さんの描き下ろしイラストは、独特の宇宙を築いていますよね。

長谷川:描き下ろしに関しては、アニメ『ウテナ』の作品世界と違う何かを入れようと、いつも考えてやっています。多分、本編と同じ世界観で描くと、ストーリーに負けちゃうんですよ。

幾原:なるほど、ストーリーと戦っていたわけだ。

長谷川:自分なりに突っ張った成果が出たかなって感じですね。

――モラルは、テレビの『ウテナ』でも大事なモチーフだったわけですよね。

幾原:ドラマとしてはね。ただ、映画版では、ドラマという事ではなく、表現として、モラルが扱えたらいいなと思っている。

長谷川:なるほど。

幾原:と、今は思っているけれど。いざ、作りはじめたら、全然違うものになるかもしれないけどね(笑)。


映画化決定記念 ビーパパス座談会
映画化決定記念 榎戸洋司×さいとうちほ 対談
スポンサーサイト
この記事のURL | 対談 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kasira.blog97.fc2.com/tb.php/75-be2986f5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。